ノーハンドの凄テク風俗嬢

何を基準にするのかという点

風俗は何を基準にして遊ぶのかと言うことが結構大切になってくるんじゃないかなって思っていますが、じゃあその基準はどのようにして考えるのか。その答えは自分の価値観次第なんじゃないのかなって思っています。そこに正解だとか間違いだとかってことはなく、自分が正しいと思えば良いんじゃないかなと(笑)そもそもそこでどのような楽しさを味わうのかを含めてすべてが自分の自由じゃないですか。それだけに、風俗で遊ぶ時にはあくまでも自分の気持ちを優先するようにしています。そうじゃないと勿体ないじゃないですか。誰かのためにと言うことだと、本来であればいろいろな楽しさが待っているのに、遠慮しなければならないじゃないですか。それは誰のためにもならないんじゃないかなって思いますし、こっちがお客として楽しむ以上、自分が納得できる時間をと考えるのが別に間違いではないんじゃないかなって気持ちです。むしろそのわがままを許されているのが風俗かなって。

そこにこそ、感動があると思う

風俗の感動はいろいろな所に散りばめられていると思いますけど、自分が思うのはとても楽しいと言うことと、女の子がたくさんいて、女の子によって快感が変わるってことですよね。そこに大きな強みがあるんじゃないのかなって思うんですよ。だから風俗で遊ぶ時には自分自身、かなり興奮状態にあります(笑)まだ始まっていないって時でもちょっとした興奮状態にあるのは、それだけ期待値が高いからこそなんですよね。だって相手を指名するまででもホームページなどで相手のことを調べているんです。そこから何が待っているのかって考えた時、きっと楽しいことが待っているんだろうなと思うのは当たり前というか、むしろそこにいろいろな魅力やメリットがあるだろうって思うのは当たり前じゃないですか(笑)それを求めて、ついつい風俗でハッスルしてしまう自分がいるんですけど、それは男の本能を全開にしているからこそだし、それだけ楽しんでいるのは間違いないんです。