ノーハンドの凄テク風俗嬢

愛嬌によって救われることもある

風俗嬢はスタイル、ルックス。あとはテクニックもそうですけど、そういったことでこちらを満足させてくれるじゃないですか。それがありがたいんですけど、ただそれだけじゃないんですよね。他にも細かい武器を持っていますし、それに男だってそれぞれいろいろなニーズがあるじゃないですか。どんな満足感が待っているのかを考えるのもまた、ある意味では風俗の楽しさの一部だと思うんですけど、愛嬌も武器なんじゃないですかね。風俗嬢というか、接客サービス全般に言えるのは理論の正当性とかじゃないんです。人と人との触れ合いなので理屈とかじゃなく、相手がどう思うのかって部分だと思うんですよね。だから風俗でんも愛嬌のある女の子との時間は楽しいですよね。愛嬌のある女の子との時間だとこっちのハードルも下がるというか、やっぱり楽しいなって気持ちにさせてくれるので、それでこっちの気分も盛り上がりますので、やっぱり楽しい時間のためには愛嬌も重要です。

一難去ってまた一難…ですかね

一難去ってまた一難という言葉もありますが、自分の場合は前回の風俗がそんな感じでした。風俗で遊ぼうかなって思ったんです。会社も早く終わったので繁華街まで行ったら、なんと恋人がいたんですよ(苦笑)確かに恋人はその日飲み会だって話をしていたので、まぁそれも仕方ないかなって思ったんですけどかなりの至近距離まで接近されたんです。もしかしたら自分がこれから風俗に行こうとしているのがバレているのか?とさえ思った程。取り敢えずやり過ごすと、今度は上司がやってきたんですよ(苦笑)もう気が気ではなく、さすがにその日は風俗で遊ぶのは辞めようかなって思ったんですけど、ここまで来たのに遊ばない方が勿体ないじゃないですか。それに恋人も上司も別に自分を探している訳じゃないんです。だから遊んでも特に問題ないだろうってことでとりあえず風俗で思う存分遊びました。それまでヒヤヒヤしたので、いつも以上の発散感があって大満足出来ましたよ(笑)